マッサージオイルとしては、とても適した成分内容となっております。
成分について簡単に説明します。

・ヒマワリオイル 高リノール酸タイプと高オレイン酸タイプがあり、高リノール酸タイプは、にきび肌や湿疹の出来やすいトラブル肌、脂性肌に、高オレイン酸タイプは、肌に優しくすばやく浸透しのびが良いオイルです。どちらもビタミンEを含んでいますが、不飽和脂肪酸の割合が高いので、酸化防止のためにホホバオイルなどの安定したオイルとブレンドされることが多い。
皮膚軟化作用、抗炎症作用

・ホホバワックス 化学構造が人の皮膚の油性分泌物と似ているので、肌に良く浸透しサラッとしていて、潤いを与えます。肌質を選びません。
とても安定していて、あらゆる植物オイルとよく混ざるので、酸化し易いオイルの抗酸化安定剤としても使われます。
皮膚軟化作用、抗炎症作用、軽い火傷の鎮静

・アボカドオイル 乾燥肌に良い、栄養たっぷりのオイルで、粘度が高く、とてもオイリーです。
皮膚軟化作用、抗炎症作用、優れた浸透性、肌の老化防止

・小麦胚芽油 ビタミンEを豊富に含みます。血流を良くし、皮膚の老化を防ぎ、肌荒れ、しもやけなどを緩和します。
皮膚軟化作用、抗酸化作用、細胞再生作用 粘性が高いので、他のオイルとブレンドして使います。

・オリーブオイル ビタミンEの含有量が高く、皮膚への浸透性がよく、肌を柔軟に保ので、乾燥肌に向いています。
炎症やかゆみを抑え、妊娠線の予防にも適しています。
皮膚軟化作用、抗炎症作用、鎮静作用

・トゥラシー(ホーリーバジル) アーユルヴェーダでも「神聖な薬草」「薬草の女王」などと扱われています。オイゲノール成分が多く、刺激的な香り。
発汗促進作用、神経鎮静、脂肪減少、毒素排出作用

・シトロネラ イネ科の植物ですが、レモンのような柑橘系の香り。
昆虫忌避作用 心身に対しては、リフレッシュ作用、デオドラント効果に優れています。

・香料 微量成分で、香りの調整をしていると思われますが、マッサージオイルとしては全く問題ありません。

以上、マッサージオイルとして、とても適した内容成分となっております。

トゥラシー(ホーリーバジル)は、日本では大手精油メーカーで取り扱っていない成分で、薬草らしく、刺激的な香りです。 インドのマッサージオイルらいし製品といえます。